夜:
夜:
お部屋:
大人:
子供 5-10年
乳幼児 0〜4年
プロモーションコード:

格安料金が保証された宿泊を今すぐ予約する

ランペドゥーザ

最初に「地図作製」を行ったのは英国人ですが、海とビーチの美しさ故に世界で最も美しい七つの島の一つに数えられるランペドゥーザが提供するのは海だけではなく、そこに生息する動物群や花が素晴らしいスペクタクルを見せてくれます。

島は今では「ほとんど木が自生しなくなった」のですが、四季は外観を変化させ色彩と香りが移り変わります:十月にはカイソウで覆われ島は白色と青色になり、3月のアカシアとニセアカシアの花の開花により島は3月と4月には黄色で覆われ、そのすぐ後に野生のタイムとアザミの花の絨毯が島をヴァイオレットとライラック色に変化させます。

この移り変わる色彩は、毎年4月にランペドゥーザの近くを大量のエビが発生する潮の流れに身を任せ、子を連れて通り過ぎるクジラ、短い期間120 kmの上空で伴侶と餌の交換をする今や留鳥であるエレオノラハヤブサの狩とともに見ることができます。そして自分が生まれた場所に産卵するために太平洋から戻ってくる海亀の伝統的な儀式を目の前で体験できます。

更に幾つかの情報を加えるなら...

ペラージェ(ギリシア語では深い海を表します)諸島を構成している島の一つにランピョーネ島があり、ペラージェ諸島の他の島と同じ様にアフリカ大陸棚の特徴を持ち、島の土地はシチリア島固有の特色をもちません。「...それらの独特の歴史は、何世紀にも渡って人に見捨てられ、多くの場合、シチリアの推移の影響を受けにくかったことが、この土地の一角に個性を与え、母なる島の周辺諸国とは異なる独自性を持ちます。」この短く厳密なこの島に関する記述は、ペラージェ諸島の自然の歴史の序文に記され、そこにはランペドゥーザの「性格」を表した重要で論破できない一節を見つけることが出来ます。幾らかの旅人はランペドゥーザの性格を有名な本の感覚と魂から解し、ただ単純に、そしてありきたりに、「ランペドゥーザ...私のアフリカ」そのものを感じました。実際は旧石器時代から周期的展開をもってフェニキア人、ギリシア人、ローマ人、アラブ人までが島に住んでいた事実はあまり重要なこと事ではなく、その後400年孤独と海賊が立ち寄る時を過ごし、1760年に6人のフランス人の一行に植民地化され、16年後マルタの一族の一団もそれを試みました。そうしていう間に、西側諸国が堅固なる発展を遂げ、ある時はマルタ人ある時はイギリス人、農耕民の小さな集団が次々と海を渡って来るようになりました。ポチョムキン王子と共にロシア人もまたロシア帝国の皇后の領民の植民地にするために島を占領することを試みました。あまり重要ではないですが、最初の120人のパンテッレリーア人がやって来て、1843年にそこに住民のコミュミティと呼べる最初のものをつくりました。実際、過去の幾つかの変遷に関しての痕跡を見ることはなく、この島の存在、本質、魂はその存在する地理的なポジション、光、香り、色彩、極みの特徴を完璧に保ちました。島は厳しく、荒々しく、不毛、原始的で、拒絶的ですが、個性的でミステリアス、豊かで、魅惑的、包容力に富み、魅力的、人々を酔わせるエッセンスを持つその吐息は香りを放っています。

このサイトでは、Cookieポリシーで説明されている操作に必要なCookieを使用します。 詳細を知りたい場合や、すべてまたは一部のCookieからオプトアウトする場合 クッキーポリシーを参照してください. 「同意する」ボタンをクリックするとCookieの使用が許可されます.

同意する